BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お出かけ】夏期休暇旅行(07) 古鷹山登頂旅行 登山口へ(呉・小用・古鷹山)

<<   作成日時 : 2014/12/21 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

※こちらは夏休みに行った旅行について記載しております。
  少々日にちが経過しておりますのでご注意ください。
  現状と異なる場合が考えられますので、参考程度に。



<夏休み 6日目 (その1)>

<本日の行程>
 2014/09/25
  呉市内…(徒歩)…メロンパン…(徒歩)…呉港〜(フェリー@瀬戸内海汽船)〜小用港
   …(徒歩)…古鷹山
…(徒歩)…海上自衛隊・第1術科学校…(徒歩)…江田島銘醸…(徒歩)…小用港
   〜(フェリー@瀬戸内海汽船)〜呉港…(徒歩)…大和ミュージアム…(徒歩)…呉〜(呉・山陽・芸備)
   〜三次…三次市内



*          *          *


05:50 頃

今日は、江田島に渡って色々やります。とても忙しい日です。なもんで、早朝から動きます。
朝食も欲しかった事もあり、以前テレビで、ここ呉ではメロンパンが有名?と聞いたので、
その名店を調べて行ってみました。

画像

↑ メロンパン 本店。


画像

↑ 店側面。


その名もメロンパン。何ともストレートで分かりやすい。ちなみに朝5時開店という、とても朝早い店です。
呉駅から結構離れていますが歩いて行きました。江田島行きの船の時間を考えると、
6時過ぎには出発したかったので、この時間にお伺い。


早速入店し、メロンパンを確認…するも、メロンパンが無い。
店の方にお伺いすると、どうやらメロンパンは06:10頃に出来てくるらしい…。
これはいかん、船の時間に間に合うか微妙だ。まあただ待つしかない。
最悪タクシー使えばいいや、と思ったので、店外で待ち。


06:05 頃

予定より少し早くメロンパンが出来てきた。購入して早速港へ向かった。


06:35 頃

早歩きして何とか呉港に到着。ここから江田島の小用港に向かう船に乗る。
少しだけ待ち時間があったので、さっきのメロンパンを朝食に食べる。

画像

↑ メロンパン。持った感じ、意外にずっしり重い。いかにも中身が多そうに感じられる重量感。


画像

↑ 中身。甘い。あんが結構沢山入っている。少しお茶が欲しくなったが、この後の行程を考えて最低限にした。



06:45 頃

画像

↑ 小用港へ行く船。


船が到着した。フェリーはこれが始発なのと、今日は平日なので、結構人が乗っていた。
あと、スーツや制服の人が結構多く、通勤路線として利用されている印象が強かった。

折り返し時間は2分という、大変短時間での出発であった為、慌ただしい…。
こういうのをピストン輸送と言うんだろうか。
折り返し便についても、結構人が多く乗っていた。30人〜40人位?

定刻で出発。
乗船時間は20分程という短時間航路であったが、景色は興味津々。
乗船所やドック?自衛隊設備等、船や工作機が沢山見れる。
何とも重工業的な印象で、自分的には非日常な印象。地元民的には何にも無いんだろうけども…。

画像

↑ 船の後方。クレーンが沢山見える。



07:07 頃

定時に小用港へ到着。

そういえば、今回こちらの船を利用したのは、事前に調べたところ、フェリーに「古鷹」が利用されている、
と聞いた為、高速船では無く、フェリーにしようと思った次第。(呉〜小用には、高速船とフェリーが航行している。)

そんななので、今回利用したのは古鷹…

画像

↑ フェリー「入船」


…じゃない!入船だった!
(後日、瀬戸内海汽船に問い合わせた所、当日、古鷹はドック入りしていた模様。ある意味レアケースだったか。)


07:10 頃

小用港でトイレを済ませる。細かい事はあまり調べてはいないが、恐らくここからトイレは無いと踏んだ為。
また、飲料も自販機で購入しておく事にした。この先自販機があるとは限らない為。

画像

↑ 小用港旅客ターミナル、入口。


ターミナル前には路線バスが数台止まっているが、すぐに出発していった。バスは満員。

登山口の入口までは歩いていけると判断、歩く事にした。

画像

↑ 小用港を出て第1術科学校方面へ歩く。平坦に見えるが、いささか傾斜のある上り坂。
自転車の場合は立ちこぎでいけるかどうか、怪しい位。



07:30 頃

歩いている人は皆無。歩道はどんどん狭くなっていき、草がボーボーな所を歩いていくと、
セブンイレブンが道の反対側にあった。そこから程なくした所、この地点に到着。

画像

↑ 交差点。


ここから真っ直ぐ行くと、第1術科学校の方面へ。右に曲がると山の方へ行く感じだったので、右に曲がる。

画像

↑ 古鷹山登山案内図。


右に曲がってすぐ、数メートルの所にこんな案内板があった。てか、交差点から見える位置にあった。

これこれ!こういうの欲しかったんだよ!

こういうの、ネットで無いんだろうかな…。
そもそも、古鷹山登るにあったって、今回、事前情報がかなり少なくて困っていました。
登山ルートや道中の様子があまりはっきりしない、情報がかなり少ない等、躊躇していました。
しかし、折角だからやってみよう!…と、登山経験が全然無いながら思った感じ。

画像

↑ 江田島バス 世上口 バス停。


すぐ近くにバス停があった。これから入ろうとしている登山口へは、ここからが近そう。
ちなみに、山へは数カ所から入れるみたいなので、ここに限らないで良いと思う。


07:35 頃

画像

↑ 古鷹山登山口。


道なりに坂を登っていくと古鷹山登山口を発見。ここから登山が始まる。




●まとめのページ(夏期休暇旅行の目次)へ行く●




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【お出かけ】夏期休暇旅行(00) まとめのページ
※このページは、この後に連載します夏期休暇時の旅行をまとめたページになります。   詳細については各ページに飛んでください。 (下の方にまとまっています) ...続きを見る
BSmasaの情報連絡伝達所@Fenri...
2014/12/22 21:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お出かけ】夏期休暇旅行(07) 古鷹山登頂旅行 登山口へ(呉・小用・古鷹山) BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる