BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【船舶旅行】夏期休暇旅行(01) 東京航路乗船旅行 1日目(有明〜クルーズフェリー飛龍21船中)

<<   作成日時 : 2014/12/03 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

※こちらは夏休みに行った旅行について記載しております。
  少々日にちが経過しておりますのでご注意ください。
  現状と異なる場合が考えられますので、参考程度に。



<夏休み 1日目>

<本日の行程>
 2014/09/20
  都内〜(ゆりかもめ)〜青海…(徒歩)…有明埠頭フェリーターミナル〜(東京航路@マルエーフェリー)〜船中泊


画像


*          *          *


 夏休み最初のイベントとして用意したのは、マルエーフェリー東京航路への乗船でした。
こちら、現在(実施時)日本最長航路となっており、東京〜那覇間の航路距離1,743kmを誇る、大変長い船旅となりました。

過去、おがさわら丸(東京〜父島の往復@小笠原海運)は乗船した事がありますが、
その時は台風?に追いかけられる形になった為、酔いました。それもあって少し心配してはいましたが、
それ以外の航路については酔った事が無かった事から、大丈夫では無いかと思い、挑戦してみました。

ちなみに、おがさわら丸の乗船時間は、約25時間30分ですが、
今回乗船した東京航路の乗船時間は、約50時間です。

*          *          *


まず、自宅より船の出発港へ向かった。
長距離フェリーと言うと、東京で言えば竹芝を思い浮かべるかもしれませんが、
今回乗船するマルエーフェリーの東京航路は、東京ビックサイトの近く、有明埠頭から出ています。

その為、比較的近い、ゆりかもめの青海駅に向かいました。

15:00 頃
画像

↑ ゆりかもめ 青海駅の入り口


青海駅到着後、改札を右方向(海側)に出て階段を下り、海を見ると、左方向に船が停泊しているのが見えます。

画像

↑ 幾つかの船が停泊している。手前に見える「A"LINE」と書かれた船が、今回乗船する船。


画像

↑ 今回乗船する船。


画像

↑ 名前は、クルーズフェリー 飛龍21。


一番手前の飛龍21に乗船します。
…なんて言うか、飛龍と言えば、こちらを思い出しますなぁ。

画像

↑ 艦これの飛龍さん。


どうよ?

てなわけで、目の前に見えてはいますが、真っ直ぐ行けないので、回り道して向かいます。

青海駅を出て東京ビックサイト方面に歩いてくと、橋が見えてきますので、それを渡ります。

画像

↑ 見えている橋を渡るので、もう少し真っ直ぐ進み、信号の所まで行く。


画像

↑ 信号の所。左後方に東京ビックサイト、右前方に青海駅とした写真。橋を渡り、ヤマトのビル方向へ。


橋を渡るとヤマトのビルが見えてきますので、それを右に曲がり、突き当たりへ。

画像

↑ 目的地に到着。乗船手続きは、この先の待合所になるので、入る。


画像

↑ 待合所 外観。


画像

↑ 待合所の内部。受付の方が居るので話しし、記載するものがあるので記載後、出発まで待ち。


画像

↑ 待合所の外から台場方面を見る。観覧車が特徴的?


16:30 頃

出港30分前位になり、人間の乗船が始まりました。
ちなみに貨物関係は、それよりも前から積み込みしていました。

画像

↑ 船に向かう皆さん。後に続く。


*          *          *


今回利用するのは、2等寝台A(2人部屋)です。こちらを1人で貸し切りました。
貸し切りする場合は、通常の2等寝台利用料よりも追加料金がかかりますが、長時間航路なので奮発しました。

画像

↑ 2等寝台A(2人部屋)に入った所。思ったよりも広い。
右側内にトイレ(洋式)とシャワーがあるが、シャンプー・リンス・タオル等の備品は無い。
トイレットペーパーはセットされていた。


画像

↑ ベッドはこんな感じ。箱形の枕が船の旅を彷彿とさせる。


画像

↑ 扉側を見る。空調を管理するスイッチ類が無い。音量調整スイッチは動かせなかった。


画像

↑ 扉上にスピーカーがある。ここから放送が流れる。


画像

↑ 部屋の中心上部にこういうものがあった。ここから風が出てきているみたいだ。


*          *          *


室内を一通り見た所で出港。
その後、早速船内を見て回ります。尚、これで全設備が網羅されてるわけでは無いので悪しからず…。

画像

↑ 乗船後、まずこの地点に来る。案内所がある。


画像

↑ 案内所右側に掲示されていたもの。実は、今回の航行は、「条件付き」となっていました。
予め予約しておいたのですが、数日前に台風接近により条件付きになる旨の入電。
予定では、志布志出発後に錦江湾へ待避(数日下船出来ないかも?)する事になっていました。
出航後確認した所、解除されていたみたいですが、台風は接近していたので、台風の情報が掲載されていた。


画像

↑ 案内所左側に置いてあったもの。ドライヤー等。街案内のパンフレットも。


画像

↑ 売店。開いてる時間が結構少ないので、買えるときに買った方が良い。
尚、酔い止め・医薬品の販売はしていません。と書いてある。確かに見かけなかった。


画像

↑ 喫煙室。


画像

↑ 案内所から喫煙室に向かうまでの間の通路には、イスが並べられている。
夜間に撮ったので外は暗いですが、日中は見晴らしが良い。


画像

↑ タバコの自販機。


画像

↑ 酒類の自販機。


画像

↑ 食品の自販機。


画像

↑ 飲料の自販機。


*          *          *


17:30 頃

船内散策後は外に出て、東京湾内を眺めていました。

画像

↑ 夕日をバックに見る東京ゲートブリッジ。形が特徴的。何かこうゆっくりした感じ。


画像

↑ 羽田空港沖付近を航行中、虹が発生。しかも結構大きく、写真に入りきらず。
海面を底辺としてほぼ180度出ており、これだけの大きさのものは初めて見た。
乗船していた皆さんが皆驚き、写真を撮っていた。


画像

↑ マルエーフェリーロゴと虹。


*          *          *


17:50 頃

既に夕食の時間となっていたので、レストランに向かう。

画像

↑ 注意書きと食事時間帯。レストランで食事をする際は、食事時間帯よりも前(放送あり)に
食券を案内所で購入し、締め切り後調理開始、完成後提供の様です。
よって、食券を買い損ねると食べれません。


画像

↑ メニュー。無い物もあったりするので、乗船中にこれだけは食べたい、っていうのがあったら
ある内に食べておいた方が良いかも。


画像

↑ レストラン内部。右のカーテン内は旅客立ち入り禁止エリア。
注文品は左奥より提供される。


画像

↑ 夕飯はこちら、「鶏唐揚定食」にした。船内だからと油断してたが、
揚げて間がないサクサクな状態で提供された。


夕飯を食べ終わったら再び外に出たが、もう真っ暗であまり光も無かったので、部屋に行って寝る事にした。



●まとめのページ(夏期休暇旅行の目次)へ行く●




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【お出かけ】夏期休暇旅行(00) まとめのページ
※このページは、この後に連載します夏期休暇時の旅行をまとめたページになります。   詳細については各ページに飛んでください。 (下の方にまとまっています) ...続きを見る
BSmasaの情報連絡伝達所@Fenri...
2014/12/03 00:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【船舶旅行】夏期休暇旅行(01) 東京航路乗船旅行 1日目(有明〜クルーズフェリー飛龍21船中) BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる