【鉄道旅行】夏期休暇旅行(14) ∞字旅行 (出雲市・サンライズ出雲)

※こちらは夏休みに行った旅行について記載しております。
  少々日にちが経過しておりますのでご注意ください。
  現状と異なる場合が考えられますので、参考程度に。



<夏休み 7日目 (その3)>

<本日の行程>
 2014/09/26
  
三次市内…三次~(三江・山陰・境)~米子空港~(バス@はまるーぷバス)~江島大橋
   ~(バス@はまるーぷバス)~境港~(境・山陰)~
出雲市~(サンライズ出雲)~車中泊

画像

*          *          *


18:30 頃

画像

↑ 出雲市駅 駅票。


出雲市に戻ってきました。ここで再び一旦改札を出て、元の乗車券に切り替え。
ここから一気に都内へ向かいます。この時間帯から都内へ向かうに最適な列車があります。
こちらです。

画像

↑ 停車中の、サンライズ出雲。


寝台特急・サンライズ出雲です。
この列車に乗って寝ていれば、翌朝には東京まで行けます。何ともありがたい。寝ている時間を有効活用です。

画像

↑ 駅の発車案内。


発車までそんなに時間はありませんが、少し時間はとれそうなので、見て回ります。

画像

↑ B寝台個室シングル。ベッドは線路向き。窓が大きく、外を見るのには良さそう。
そこそこ高さ・広さがあって鍵もかけれるので、安心して寝れそう。


画像

↑ ノビノビ座席。座席と言っても横になれる。他で言うトコの、カーペットカーみたいな。
寝台料金が要らないので、安く移動したい場合は便利。
軽くかけるものはあるが、枕が無いので注意。
夜行バスと違って、動き回れるのと、自販機・トイレも使えるのが大きい。
夜行バスだと真夜中に起こされたりするし…。


画像

↑ サンライズ出雲 伯備線経由 東京行き。



18:50 頃

自分が使用する部屋に向かう。

画像

↑ 今回使用する部屋は、4号車にある。


画像

↑ こちら、A寝台個室シングルデラックス!何とか取れましたょ。ちなみに2階部分にある。


画像

↑ 上る階段を上から。階段は部屋の外なので、隣部屋と共用。


画像

↑ 扉を開け、ベッド側を見る。窓の大きさが目を引くのと、
木のぬくもりを感じる、温かい造りになっている。
大変上品で宜しいかと。


画像

↑ ベッドの足の方はこんな感じ。左側にスピーカーがある。音を気にする方には重要。


画像

↑ 部屋の左奥には洗面台がある。個室ながら、かなり広い造りになっていると感じる。


画像

↑ 室内のコンセントは、洗面台横にあるこちら一カ所。


画像

↑ 部屋入って左側にはテーブルがある。なかなか横に広く、綺麗。
安めのホテルより設備が良いイメージが…。


画像

↑ 部屋内から扉の方を見る。覗き穴があるので、誰が来たか分かる。
あと、ハンガーがあるので、ビジネスマンや、上着のある方には重宝しそう。


画像

↑ 部屋のロックは暗証番号式。最近の寝台列車はこのパターンが多いか。
個人的にはカード式が嬉しい。記念に持って帰れるのもあるし…。


画像

↑ A寝台にはアメニティグッズがつく。右がA寝台用アメニティグッズ、左が車内で販売していたタオル。


画像

↑ シャワーカード。右がA寝台専用で、検札時に車掌から貰える。
左がA寝台以外の方が使用するやつ。一見同じに見えるが…


画像

↑ 裏返すと違いがある。右がA寝台専用、左がA寝台以外用。効力や内部的な違いは不明。


画像

↑ ベッドに寝て上を見るとこんな感じ。列車でこんなんが見れるのは、今までに無い。
とても贅沢な造りだ。


列車が出発し、検札後は静かな状態。最初は停車駅も幾つかあるので、ばたつきはするものの、
気になる程では無かった。暫くして車内を探検しに行った。




●まとめのページ(夏期休暇旅行の目次)へ行く●




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【お出かけ】夏期休暇旅行(00) まとめのページ

    Excerpt: ※このページは、この後に連載します夏期休暇時の旅行をまとめたページになります。   詳細については各ページに飛んでください。 (下の方にまとまっています) Weblog: BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ racked: 2014-12-28 13:43