BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お出かけ】夏期休暇旅行(13) 江島大橋撮影旅行 (米子空港・江島大橋)

<<   作成日時 : 2014/12/27 11:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

※こちらは夏休みに行った旅行について記載しております。
  少々日にちが経過しておりますのでご注意ください。
  現状と異なる場合が考えられますので、参考程度に。



<夏休み 7日目 (その2)>

<本日の行程>
 2014/09/26
  
三次市内…三次〜(三江・山陰・境)〜米子空港〜(バス@はまるーぷバス)〜江島大橋
   〜(バス@はまるーぷバス)〜境港〜(境・山陰)〜出雲市
〜(サンライズ出雲)〜車中泊

画像

*          *          *


11:30 頃

出雲市に到着。ここで一旦改札を出て、別の乗車券に切り替え。
ここから江島大橋に向かうべく、アクセス駅に向かった。

今回、何で江島大橋に行くかといえば、最近CMでも出ている、いわゆるベタ踏み坂を見る為。
車でベタベタまで踏まないと上れない位の長い坂?比較的近くみたいではあり、折角なのでと思い。

画像

↑ 米子空港駅。


山陰本線に乗り、途中の米子で乗り換えて、境線で米子空港へ。
ちなみに、何で米子空港へ行ったかと言えば、別に飛行機に乗る訳ではなく、現地に向かうバスが、
ここから出ている為。

米子空港駅は何か結構新しい感じのする駅でしたが、まさかの無人駅…。
事前にそこまで調べていませんでしたが、空港アクセス駅なのに、予想外であった。

下車後、米子空港へ向かう。目の前に見えているので、歩いて数分、駅からのアクセスは良い。

画像

↑ 米子空港ターミナル。


ここで、江島大橋方面へのバスを待つ。

江島大橋へのアクセスを事前に調べましたが、車を使わずに行くのには、いささか敷居が高いものでした。
境線の駅から歩けなくも無さそうでしたが、結構な距離もあり、路線バスを調べても、途中バス停はかなり遠い。
何か無いかと調べた所、境港市が運行している「はまるーぷバス」を見つけた。
バス停の位置を確認した所、かなり江島大橋に近い所まで行ける事を確認したので、利用した。
料金も、一律100円だったので、安い。しかし、本数が少ないのと、2種類のルート+左右周りがあるので、
行く時間によって、どこからどう行くのが最適かを、よく調べる必要がある。

今回は、駅から近い米子空港から乗るのが最適だった為、そうした。

米子空港自身で暇つぶしが出来た。
建物内には店もあるし飲食店もある、トイレもある。まあ空港だから当然と言えば当然だが…。

建物前にはバス停が何本か設置されているが、今回利用するのはこちら。

画像

↑ 建物側から歩いてくると見えるバス停の面。


画像

↑ バス停から建物を見ると、こんな感じ。バス停の表裏で違う時刻表なので、注意。



13:45 頃

こちらでバスを待っていると…、

画像

↑ はまるーぷバス 生活コース右回り。


バスがやってきた。車両は結構小さく、ドア1個。
今回は生活コース右回りに乗車。生活コースの方が、より江島大橋に近い地点にバス停がある。
しかしながら、もう一つのメインコースでも、そんなに遠くない位置にバス停がありそうだった。


14:00 頃

画像

↑ 渡町八区北口バス停。奥に橋の端が見えている。


10分ちょっと乗車後、渡町八区北口バス停に到着。この位置で、既に江島大橋の端が見えている状態。
ここから見えている江島大橋に向かって歩く。


14:05 頃

画像

↑ 江島大橋(境港市側)の端っこ。


橋の端っこに到着。
ここから見るに、まあ普通の橋に見える。横に何か看板が出ている。

画像

↑ 江島大橋の解説。


江島大橋について色々解説がなされている。
どうやら勾配がきついのは、松江市側かららしく、こちらは少し緩い。

早速上ってみる、徒歩で。

画像

↑ 歩道と車道の端は、こんな感じ。歩道は狭く、人がすれ違う事が出来る程度。
車道の端はもっと狭く、ラインより内側を自転車で走るのは無理そう。


画像

↑ 頂上僅か手前に待避できるポイントがあった。
頂上までひたすら登りで、休める所はここまで無い。


画像

↑ 待避スペースにフェンスが切れている部分があった。ここで車道から歩道に入れる。
逆を言えば、ここ以外はずっとフェンスだった為、自転車で車道からスタートした場合は、
途中で疲れて歩道に移動、というのは出来なさそう。
フェンス高いし。



14:15 頃

画像

↑ 江島大橋の頂上付近。見晴らしは良い。結構高いのと風が強いので、下が怖い…。


画像

↑ ここから松江市側に下ってゆく。


画像

↑ 下り始めて間もなく、反対車線側にも待避スペースを発見。


画像

↑ 松江市側の様子が見えてきた。



14:30 頃

画像

↑ 松江市側に下りた後、そのまままっすぐ直進し、コンビニ前(道路挟んで反対側)の地点に到着。


画像

↑ コンビニ前(道路反対側)の地点から、橋をズームして撮影すると、こうなった。
かなりの急坂に見える。こんな坂、車で上れるのかと思うが…。


画像

↑ 橋の手前にある信号まで戻ってきた。ここで見るとそんなでも無い。


画像

↑ 更に横から見てみるが、急ではあるものの、上れそうだ。
ただ、路面が滑りやすい状況だと厳しそう。



14:35 頃

だいたい見終わったので、先程のバス停に戻る、また徒歩で。
ちなみに、橋を見に来ている人が何人か見られたが、バイクや車など、徒歩で来ているとおぼしき人は居なかった。
むしろ、徒歩で橋を往復したものの、歩行者は誰も居なかった…。
まぁ自転車(ママチャリじゃないよ)は数人居たけど。

画像

↑ 頂上付近から境港市側を見る。結構距離がありそうだが、下り坂なので、そんなでもない。


画像

↑ 先程のバス停に向かっていく途中の道を少し寄り道。橋の頂上付近は、こんな感じ。



15:15 頃

バス停に到着後、再び生活ルートの右回りに乗車。境港駅へ向かう。


15:30 頃

画像

↑ 境港駅 駅舎。


境港駅に到着。ここから境線に乗り、米子経由で出雲市に戻った。




●まとめのページ(夏期休暇旅行の目次)へ行く●




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【お出かけ】夏期休暇旅行(00) まとめのページ
※このページは、この後に連載します夏期休暇時の旅行をまとめたページになります。   詳細については各ページに飛んでください。 (下の方にまとまっています) ...続きを見る
BSmasaの情報連絡伝達所@Fenri...
2014/12/28 13:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お出かけ】夏期休暇旅行(13) 江島大橋撮影旅行 (米子空港・江島大橋) BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる