【蔵元探訪】夏期休暇旅行(10) 江田島銘醸見学旅行 (江田島銘醸)

※こちらは夏休みに行った旅行について記載しております。
  少々日にちが経過しておりますのでご注意ください。
  現状と異なる場合が考えられますので、参考程度に。



<夏休み 6日目 (その4)>

<本日の行程>
 2014/09/25
  
呉市内…(徒歩)…メロンパン…(徒歩)…呉港~(フェリー@瀬戸内海汽船)~小用港
   …(徒歩)…古鷹山…(徒歩)…
海上自衛隊・第1術科学校…(徒歩)…江田島銘醸…(徒歩)…小用港
   ~(フェリー@瀬戸内海汽船)~呉港…(徒歩)…大和ミュージアム…(徒歩)…呉~(呉・山陽・芸備)
   ~三次…三次市内


*          *          *


12:45 頃

第1術科学校見学後、すぐ近くにある江田島銘醸の見学に行った。

何故お伺いしたかと言うと…。
古鷹山の事を調べていた所、「古鷹」という名の日本酒があるという事を知った。
その古鷹の名前が古鷹山由来と思われた事からネット上で調査。
結果、江田島にある、こちら「江田島銘醸」で製造されている事が分かり、
場所も第1術科学校から近かった事、そもそも広島県で日本酒って珍しい気がしたのと、で、
興味が沸き、是非見学してみたいと思った。そこで、現地に電話連絡した所、見学OK頂けたので、お伺いした。


画像

↑ 江田島銘醸 入口。


第1術科学校からは歩いて数分。小用港へ向かう道路沿いにある。
まぁ、それもあって、小用港へ向かう場合は結構寄りやすい所にある。

入ると売り場になっており事務所もある。
そこで社長と話し。今回直々にご案内頂ける様だったので、早速中を見学させて頂いた。

画像

↑ 室(むろ)。他の所もですが、台が木で出来てるんね。落ち着いた明るさ。


画像

↑ タンク。本数は少なく感じるが、その分、管理が行き届きやすいのではないか、と思う。
良質な酒が出来るのではないか?と感じる。


画像

↑ 圧搾機。ここで搾る。


画像

↑ 古鷹山から来た水。これが酒になるみたいだ。



13:10 頃

見学後、売店に戻って試飲と、商品を見て回る。
こちらの日本酒の場合、「江田島」「同期ノ桜」「古鷹」が主に目に入る。
その中で、やはり目的であった「古鷹」に重点を置いた。呑んだ感じについては、先のレビューを参照。

【その他雑記】古鷹(艦これ)×古鷹(酒)

社長としばらく話しをする。
思うに、こちらの場合はやはり「同期ノ桜」が主な気がする。大和ミュージアムにもあったし。
しかし、艦これブームもあり、呑みやすさから、自分は「古鷹」をオススメしたい。
先のレビューにも書きましたが、結構呑みやすい酒で、幅広く呑めるのではないかと思った。
ただ、いかんせん売っている所が無い。特に古鷹は、同期ノ桜以上に。(ネットでは買えるけど)


これで今回は蔵元見学を終了。
お忙しい中、見学させて頂き、ありがとうございました。

会話も終わったので、次の目的地に向かう。




●まとめのページ(夏期休暇旅行の目次)へ行く●




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【お出かけ】夏期休暇旅行(00) まとめのページ

    Excerpt: ※このページは、この後に連載します夏期休暇時の旅行をまとめたページになります。   詳細については各ページに飛んでください。 (下の方にまとまっています) Weblog: BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ racked: 2014-12-25 14:59
  • 【その他雑記】古鷹(艦これ)×古鷹(酒)

    Excerpt: 提督あわてないで。まだお酒はありますから大丈夫です。 Weblog: BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ racked: 2015-01-03 23:23