BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お出かけ】夏期休暇旅行(08) 古鷹山登頂旅行 古鷹山(古鷹山)

<<   作成日時 : 2014/12/22 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

※こちらは夏休みに行った旅行について記載しております。
  少々日にちが経過しておりますのでご注意ください。
  現状と異なる場合が考えられますので、参考程度に。



<夏休み 6日目 (その2)>

<本日の行程>
 2014/09/25
  
呉市内…(徒歩)…メロンパン…(徒歩)…呉港〜(フェリー@瀬戸内海汽船)〜小用港
   …(徒歩)…
古鷹山…(徒歩)…海上自衛隊・第1術科学校…(徒歩)…江田島銘醸…(徒歩)…小用港
   〜(フェリー@瀬戸内海汽船)〜呉港…(徒歩)…大和ミュージアム…(徒歩)…呉〜(呉・山陽・芸備)
   〜三次…三次市内


画像

*          *          *


07:35 頃

画像

↑ 古鷹山登山口。


登山口を発見。ここから登り始める。

登り始めて数秒にて、早速こんな感じ。

画像

↑ 横方向に溝のある、コンクリートみたいな道。


これ何度位かな、30〜40度位?濡れているとすべるかも…。

更に数分歩き、こんな感じ。

画像

↑ 足下はコンクリート状だが、頭上の草が多い。


普通に立って歩くと草に頭から突っ込むので、しゃがみながら通過。
ここって、人歩いてるんだろうか?と思えてしまった。


07:40 頃

しばらくすると、この地点に到着した。

画像

↑ 標識と地図?


何やら地図っぽいものがある。

画像

↑ CP1地点にあった地図。


これこれ!こういうの欲しかったんだよ!(またか)

何かこういう地図とか、事前に欲しいよね…。


07:45 頃

画像

↑ CP2地点。山頂まで1500mの表示。


この辺りから、どんどん足場が悪くなってきた。
あと、草が左右から沢山生えており、草の中を歩く事も増えてきた。
長ズボンで且つ、滑りにくい靴で無いとやばい気がする。
長ズボンをはいて歩いていると、ズボンに色々ついていた。素足は危険そうだ。


07:50 頃

画像

↑ CP3地点。山頂まで1400mの表示。100m毎にあるんだろうか?


画像

↑ 今はこの辺らしい。


足場の悪い道に多少慣れてきたが、こういう道が時々出現。

画像

↑ 一見砂みたいに見えるが…


砂っぽく見えるが、石が雨水等で削られて出来た溝のような道。
堅くV字に近い形になっており、転ぶとすりむいて痛そうだ。足を置くと、内側に曲がる形になる。
こういう道が数カ所あった。

あと、蜘蛛の巣が沢山出現する様になった。
朝早いという事もあってか、数歩歩く度に蜘蛛の巣が目の前に…。
今のところ誰とも遭遇していないので、ひょっとしたら自分が本日最初の登山者?
数歩毎に現れる蜘蛛の巣をひたすら切りながら進行。


07:55 頃

画像

↑ 少し見通しの利く地点に到着。まだまだ先は長いか?


画像

↑ CP4地点。山頂まで1200mの表示。



08:00 頃

画像

↑ CP5地点。山頂まで1080mの表示。ちょっち中途半端な…。


画像

↑ この辺で、比較的見通しの良い道になった。が、何か1匹、蜂っぽい音が近くでしていたので、
慌てて白いタオルで頭を覆ってゆっくり進行。
ちなみに服装は、上下靴共に白っぽいものでした。(鞄は黒だったけど…)


画像

↑ 山頂まで1km。



08:05 頃

画像

↑ 山頂まで900m。



08:15 頃

画像

↑ 左に呉、右に第1術科学校な感じで見てみる。景色が大分高くなってきた。


画像

↑ 足元は石。木で出来た椅子のある地点に着いた。


画像

↑ 第1術科学校が見える。天気はなかなか良さそう。


画像

↑ 山頂まで500m。


画像

↑ 向こうにも500mの表記が。この先の道も険しい…。



08:25 頃

しばらく歩いていると、開けた場所に到着。

画像

↑ 標識が色々ある。ここらが交点になっている模様。


画像

↑ 標識と登頂記念スタンプ。


おぉ、スタンプここにあったか。
今回の登山では、このスタンプを押す事も目的にしていた。てか、ここってまだ山頂じゃあ無いよな。
山頂手前のここでスタンプは押せた。

何やらノートが一緒に入っていたので見てみた所…
どうやら全国の提督サンが結構登ってきているみたいだった、てか皆さん絵が上手いな、いいなぁ。
艦これブーム、恐るべしですな。

ちなみに、スタンプを押す紙は、持参していった。持って行った方が良いと思う。


08:30 頃

さて、スタンプは押した。時間はこの後の予定を考えると結構ギリか。しかし、ここはまだ山頂では無い。
折角ここまで来たんだし、山頂まで登る事は可能ではあったので、早々に登る事にした。

画像

↑ 山頂まで140m。距離は大した事は無い。


距離を見るに、すぐそこみたいだったので行く事にしたが…

画像

↑ 最初の難関。


目の前に立ちはだかる崖っぽいもの。
ここは見えているロープを使用しないと行けない位の斜面だったので、行く。

ロープを登り切ると…

画像

↑ 第二の難関。


すぐチェーンの場所が。ここもチェーンを使用しないと厳しそうなので、使用する。

チェーンを登り切り、少しすると…

画像

↑ 急斜面な場所。


またロープ。しかもさっきのより急斜面?
再びロープ使用…。その後は…、

画像

↑ チェーンと梯子。木の根っこでつまずきそうになる。写真右側が危険だ。


画像

↑ チェーンとロープのエリア。石がごつごつしている。山頂までもうすぐ。



08:40 頃

画像

↑ 古鷹山頂上。


古鷹山山頂に到着!やったね!
意外に時間がかかった…。原因は、大量の蜘蛛の巣を処理するのに時間がかかった所が大きい。
ってか、登ってくるまでに、誰ともすれ違わなかった。一人で蜘蛛の巣を処理…。

画像

↑ 五省と、眼下に第1術科学校が見える。


見晴らしが素晴らしい。音は静か、風の吹く音だけが聞こえてくる。

…と、蜂っぽい音が。またかい。
時間も押していたので、早々に下山する事にする。


09:30 頃

画像

↑ CP1の地点。


CP1の地点まで戻ってきた。
この次の予定は、第1術科学校だったので、来た時とは違う道で行く事にした。
方向的には第1術科学校へ向かっているであろう、不確かな感じ。まあ道路に出れれば分かるだろう、と。

画像

↑ 石で出来た階段の部分に来た。集落も見え始めてきた。


画像

↑ 写真左上の地点に出てきた。上の橋を渡ったが、人の家っぽかったので、石階段を降りた。


石階段を降りた所、何やら完全に路地。数分さまようと…

画像


あれ?第1術科学校に到着。どうやって来たんだっけ?まあ目的地に着いたからいいや。




●まとめのページ(夏期休暇旅行の目次)へ行く●




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【お出かけ】夏期休暇旅行(00) まとめのページ
※このページは、この後に連載します夏期休暇時の旅行をまとめたページになります。   詳細については各ページに飛んでください。 (下の方にまとまっています) ...続きを見る
BSmasaの情報連絡伝達所@Fenri...
2014/12/22 21:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お出かけ】夏期休暇旅行(08) 古鷹山登頂旅行 古鷹山(古鷹山) BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる