BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道雑記】鶴見線・南武支線開業80周年記念パスで行く小旅行

<<   作成日時 : 2010/11/24 01:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



首都圏の偉大なローカル線と言えば、自身ですと鶴見線を思い出したりします。一時期使っていたこともあり。
そんな鶴見線を、どっかの休みでちょっと乗ってみたいなと思っていたら、適した乗車券が発売になったので、
今回はそれを使用しての小旅行を行うことにした。


ちなみに、会社帰りに敢行したので、デジカメは持って居らず、携帯電話のカメラ機能を
使用しての撮影となった。また当日は、荒天であった為、上手く撮れていない部分もあります。


催行 : 2010/10/30(土)
期間 : 1日間
場所 : 鶴見近辺
形式 : 鉄道フリー切符・普通列車の旅



今回使用した乗車券は、こちらになります。

画像

↑鶴見線・南武支線開業80周年記念パス。


この乗車券、動ける範囲の割には安いと思う。行き止まりばかりの路線故、
普通乗車券での途中下車という手も使えないし。

こちらですが、12/19(日)まで販売している模様。ちなみに販売箇所は…
JR東日本の「川崎駅」「鶴見駅」「尻手駅」にある指定席券売機及びみどりの窓口
のみの様子。他駅で指定席券売機を叩いても出てこないと思われる為、注意が必要そう。

ではこちらの乗車券で、いざ鶴見線の旅へ。

*          *          *


画像

↑JR鶴見駅。


スタートは鶴見駅。何やら工事中の様です。自身が以前に来たときは、確か駅ビル無かったっけか…。
ここから鶴見線の専用ホームに向かう。

鶴見線のホームに行ったところ、何やら4番線に電車が入ってきた。今は土曜日の朝少し遅め。
こんな時間に4番は…と思っていたら、どうやら80周年記念の臨時電車だそうな。これは知らなかった。
ちなみに臨時電車には一般客は乗れないらしいので、普通の電車で行くことにした。

画像

↑左は普通の海芝浦行き。右が臨時電車、ヘッドマーク付き。


画像

↑反対側に行ってみた。臨時電車のヘッドマークが、さっきのと違う。


不意を突かれながらも、早速、海芝浦に向かった。

画像

↑海芝浦駅から海を見る。


早々に海芝浦には着いたが…、丁度台風が接近しつつあった状況、海は荒れ気味で景色は雨…。
ううむ、やはり晴れてるときに来たいトコだなここは。ってな訳で残念。

ちなみに…

画像

↑海芝浦駅駅舎。


こっち側って、少し綺麗に整備されたのね。

海芝浦を離れて、次は扇町に向かった。
尚、浅野乗り換えで行ったが、乗り換え時間3分程度で結構ギリギリだった。

画像

↑扇町駅駅舎。


扇町に到着です。ちなみに扇町は始めてきました。周りはやはり工業地帯ですな…。
扇町ですが、以前は日中でも1時間に2本は電車ありましたが、先のダイヤ改正で一気に減便されたみたい…。
僅か2駅手前の浜川崎止まりに変更されたのが沢山…。その2駅を延ばせないか…。
電車では数分の距離ですが、歩くと結構あるよなここ。

画像

↑停車中の鶴見行き。


さて、乗ってきた電車を撮っておきます。こちらにもヘッドマークがあります。

画像

↑ヘッドマーク。


ヘッドマーク、こちらになります。103系の黄色い電車と工場が描かれています。
まさに鶴見線を象徴するような絵だと思います。工場地帯を古い電車でゆっくり。

さて、ここから次は大川に向かいます。ちなみに、大川は日中時間帯に電車がありません。
今は日中時間帯なので、近くの武蔵白石に行き、そこから歩きます。

画像

↑武蔵白石駅駅舎。


駅に到着。ちなみに、ここも降りたことはありません。
この駅は、以前は大川方面との乗り継ぎ駅になっていましたが、走行車両の大きさや編成の長さからか、
当駅には止まれなくなったらしく(?)、隣の安善が乗り継ぎ駅になった。

画像

↑鶴見方を見る。ポイントで分岐しているのが分かる。


画像

↑扇町方を見る。右方向に延びてるのが大川方面。
中央の白い部屋辺りに大川方面のホームがあった模様。


大川までは一カ所曲がるが、それ以降は大体まっすぐ歩いていけば行ける。15分程度。
次の乗り継ぎを考え、足早に大川に向かう。

画像

↑大川駅駅舎。


大川に到着しましたが、人気は無し。一応自動券売機の電源は入っていたので、
記念に切符を買うことは出来た。
先に書いたとおり、この駅には日中時間帯に電車は無い為、
駅利用者に対して迂回するように促すメッセージが幾つか掲示されている。

画像

↑武蔵白石まで徒歩で約15分と書かれている。


画像

↑こちらでは、バスの利用を記載している。


さて、見たところで、武蔵白石での接続電車の都合上、足早に戻ることにした。
武蔵白石からは浜川崎行きに乗り、そこから南武支線(いわゆる浜川崎線)に乗って帰ることにした。

画像

↑南武支線の尻手行き。




今回は首都圏の偉大なローカル線という事で、鶴見線を主に乗って回りました。
首都圏でありながら、こういったローカル情緒のある路線があるというのがまた良い。
今回は雨だったので、晴れた日にでもまた出来ると良いですがね…。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鉄道雑記】鶴見線・南武支線開業80周年記念パスで行く小旅行 BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる