BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道旅行】片道切符の旅(大津・大阪・新潟) 3日目〜4日目

<<   作成日時 : 2009/07/19 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


※催行は2月下旬となりますので、半年ほど前の内容になります。

引き続き旅行を進めていきます。今回は3・4日目を取り上げます。

念のため、今回の予定はこちらです。

<全行程>
1日目:首都近郊→(東海道新幹線)→米原→大津・浜大津(ネカフェで小休止)
2日目:大津・浜大津→京都→大阪(大阪環状線周辺)→大阪近郊(ネカフェで小休止)
3日目:大阪近郊→京都→富山→直江津→柏崎→吉田→新潟→新宿(MLえちご車中泊)
4日目:新宿→横浜


初日と後半が慌ただしい行程となりました。


*          *          *



< 3 日 目 >

< 大阪 〜 富山 >

翌日朝は、大阪より富山へ向かった。

画像

↑大阪駅 駅票。


画像

↑681系 サンダーバード1号。


まず、大阪から特急サンダーバード1号に乗り、一気に富山まで向かう。乗車時間は3時間強。
さすがにこの区間は速達電車を使いたい…。


< 富山 >

画像

↑富山駅 駅票。


富山に到着しました。ここで一旦下車することにする。

画像

↑475系(?) 快速ホリデーライナーかなざわ。ホームに停車中だったので見てみた。



< 富山ライトレール >

さて、JRの富山駅前から、富山ライトレールという路線が延びています。
富山通る度に見てみたいと思っていたのですが、今回少しですが時間がとれたので見てみます。

画像

↑TLR0600形。富山ライトレールは、この車種のみで運転されている。


画像

↑車体床面が低く、軌道上に草(芝?)が生えている。


画像

↑JR富山駅駅舎と、右に富山ライトレールの停留所。JRからは目と鼻の先。


画像

↑富山駅を出て少し行った所。道路上を走行している。


画像

↑行き違い。左は富山行き、右は岩瀬浜行き。


画像

↑停留所には階段が無いみたいで、スロープになっていた。全駅がそうかは知らないが…。


画像

↑こう見ると相当ホームが低く、車体床面も、ぎりぎりまで下げられているのが伺える。


今回は、あまり見る時間が無かったので、また機会があれば見に来たいと思います。
終点までは行ってみたい所。


< 富山 〜 直江津 >

再び富山に戻ってきました。ここで本日初めての食事となりますが、昼食をとって直江津に向かう。

画像

↑ますのすし。ますのすし、ますのすしいかがですか?


画像

↑中はこんな。ぎっちり詰められているので、重量・ボリューム感があります。


画像

↑食後、電車待ってる間に停車してたので見てみる。キハ120系。


画像

↑ヘッドマーク。やはり車・バスに押され気味なのか。


画像

↑直江津へ向かっている途中。山側には、まだ積雪が見られます。



< 直江津 〜 柏崎 >

画像

↑直江津駅 駅票。


直江津に到着です。ここで乗り継いで柏崎に向かうのですが、ふとホーム端を見たところ、
何でこちらの方がこちらに居られるのか、と思ったのでよく見てみた。

画像

↑首都圏の某所で見たことあるフォルムが…。


画像

↑こ、これは、京浜東北線使用の209系ではないか。


ううむ、まさかここで見るとは思ってなんだ。どうやら京浜東北線で使用が終わったのが、
こっちまで送られて来たっぽい。詳細は不明ですが、何ともなつかしい雰囲気が。
ちなみに、この記事を記述時点では、まだ少数ながら、この車種は京浜東北線内を走っています。

あとはこちらが停車中でした。

画像

↑妙高号。どうやら快速電車らしい。という事は、車両は特急用使っていて、
乗車券は普通乗車券で良さそう?ちなみに、一部指定席があるらしい。


で、乗り換え時間があまり無いので、柏崎へ向かう。

画像

↑115系。新潟方面に来ると、だいたいこの車種に乗っている…。


画像

↑途中駅の米山。駅舎から海までが結構近い。


画像

↑途中駅の青海川。フェンスで見えにくいが、かなり下まで海が迫っている。


画像

↑見た感じでは分かりにくいですが、波が荒っぽい印象を受けた。



< 柏崎 〜 吉田 〜 新潟 >

画像

↑柏崎駅 駅票。


柏崎駅に到着です。ここからは越後線経由で新潟に向かいます。
この辺りですと、信越本線経由の方が、新潟へは行きやすいですが、この後にMLえちごを使う関係と、
それに伴う乗車券のルートの関係で、越後線使用となりました。

乗るのはこちらの電車です。

画像

↑115系。新潟方面のスタンダード的な存在か?


ここから吉田までは、1時間程度の乗車。
序盤では、JRでは珍しいらしい直接吊架式と思われる架線も見ることが出来た。
また別途、機会があれば見れればと思う。

画像

↑吉田駅 駅票。


特に何もなく吉田到着。
ここからはこちらで新潟まで向かう。

画像

↑E127系 新潟。これの加減速を聞くと、私鉄系のVVVFインバーター音に感じる…。



< 新潟 〜 新宿 >

さて、問題なく新潟まで到着。ここで一旦外に出て夕飯。その後戻ってきて、帰りのMLえちごを待つとする。

画像

↑待ってる間に居た115系の弥彦線カラー。他の車体とは違う形態の色なので、目立つ。


画像

↑やはりこの時間に夜行列車があるのは助かる。
飲んだ帰りとかに使えるし(但し指定席券は事前準備)。


画像

↑いつものムーンライトえちご。


※4日目は戻ってきただけなので省略。


*          *          *



< 後 処 理 >

画像

↑今回使用した乗車券の使用後。インクの乾きが悪いので苦労した…。



さて、今回は所用+折角なのでぐるっと回った、という感じがありますが、京浜東北線の車両があんなトコ居たり、
特急乗ったり、いろいろ出来て良かったかと思います。ただ、食事する機会が少なかったので、
もちょっと食べれたらな、と思いました。

ムーンライトえちごについては、定期運用での利用は、今回が最後になってしまいました。
フリー切符を使わなくても利用価値のある電車だと思っていたので、残念でならない。
電車が無い以上、新潟方面にはフリー切符適用時期以外で行くことは、
まれになるのでは無いかと思う(多分行かないかと)。

利用者が居ないから減らすのではなく、どうやったら利用者が増えるかを検討して欲しかったと思う。
少なからず利用者は居るのだから。

新潟で美味しい日本酒飲んで、夜行で戻ってくるというのが良さそうなルートでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鉄道旅行】片道切符の旅(大津・大阪・新潟) 3日目〜4日目 BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる