BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道旅行】わ・ずかな・じかん・を・みつ・けて高松・関西旅行 その2(2日目〜3日目)

<<   作成日時 : 2008/12/12 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


<全行程のおさらい>
0日目:横浜→(MLながら車中泊)→大垣(※翌日着)
1日目:大垣→加古川→相生→岡山→高松→高松築港(琴電ぶらり)→高松→岡山(ネカフェで小休止)
2日目:岡山→姫路→大阪…[西梅田→玉出→](大阪市営)→天王寺(大阪環状ぶらり)
       →大津(浜大津ぶらり)→米原→大垣→(MLながら車中泊)→横浜(※翌日着)


*          *          *


< 2 日 目 & 3 日 目 >

< 岡山 〜 玉出 >

岡山で小休止後、大阪経由で大阪市営地下鉄・四つ橋線の玉出まで向かい、朝食とします。
大阪市営地下鉄・四つ橋線で使われている車両はこちらです。

画像

↑大阪市交通局、四つ橋線用の23系。


上の写真でも分かりますが、運転席付近の車体表側を見てみると、こんな表記があります。

画像

↑”20 SERIES CAR”、20系統の電車である旨と、VVVF(Variable Voltage Variable Frequency)制御車両で
ある事をアピールしているロゴ。


ここまでVVVFをアピールしているのは見ませんなあ。


< 玉出 >

玉出に到着後、こちらにお伺いした。

画像

↑たこやきの元祖本家 会津屋 本店。


こちら、たこ焼きの発祥店という事で行ってみました。
味についてはいろいろ話を聞いていましたが、こちらを頂く事にした。

画像

↑元祖 たこ焼 12個入り。400円也。


ちなみに、生地に味がついているので、ソースやマヨネーズはありません。このままです。
味については、塩味が利いている感じで、薄味指向の方には、塩辛さが感じられるかもしれませんが、
私的には悪くないと思いました。シンプルなのも良いと思います。


< 玉出 〜 大阪環状線 >

食後、玉出より大阪環状線に向かい、撮影を行った。
その様子をダイジェストで。

〜 〜 〜 1 0 3 系 〜 〜 〜

画像

↑大阪環状線103系(低運転台)。大阪環状線。


画像

↑大阪環状線103系(高運転台)。大阪環状線。


画像

↑大阪環状線103系(高運転台)。天王寺行き。


画像

↑大阪環状線103系(高運転台)。ユニバーサルシティ・桜島行き。


画像

↑左:大阪環状線103系(低運転台)と、右:同103系(高運転台)。


〜 〜 〜 2 0 1 系 〜 〜 〜

画像

↑大阪環状線201系。ユニバーサルシティ・桜島行き。東日本の中央線を彷彿とさせる。


〜 〜 〜 2 2 1 系 〜 〜 〜

画像

↑大阪環状線221系。大和路快速。


画像

↑もう一枚、大阪環状線221系。大和路快速。



< 大阪環状線 〜 大津・浜大津周辺 >

大阪環状線の後には、前回も行きましたが、大津・浜大津に向かいます。
今回のロケーションは夜です。ちなみに三脚はありません。

画像

↑浜大津駅前。


画像

↑三脚無しだとこれが限界かも…。今回この条件で一番よく撮れたと思われる写真。



< 大津・浜大津周辺 〜 大垣 >

時間もよい頃合いになってきたので、帰ることにします。
大津より大垣まで向かい、ムーンライトながらに乗車します。

画像

↑お馴染みのムーンライトながら。



< 大垣 〜 横浜 >

画像

↑横浜に停車中のムーンライトながら。


特段何もなく、横浜まで戻ってきました。横浜から仕事着で帰宅したそうな。

さて、今回は三連休を利用した突貫的な旅行となりました。
忙しさはありましたが、一定量の内容のある旅行になって良かったと思います。
また、再び西日本地区、行ってみたいと思います。


まさに、わ・ずかな・じかん・を・みつ・けて行った、高松・関西旅行でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鉄道旅行】わ・ずかな・じかん・を・みつ・けて高松・関西旅行 その2(2日目〜3日目) BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる