BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道旅行】長い長い西日本地区巡回旅行 その20(小湊鐵道往復〜帰宅)

<<   作成日時 : 2008/10/04 22:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


前回の続き。
五井より小湊鐵道に乗り、端まで行って来てみる。


*          *          *


< 五井 >

画像

↑五井駅 駅票


さて、こちらは小湊鐵道の五井駅に到着です。
ここから上総中野に向かいますが、ここで予め昼飯を調達しておく。
どこで調達するかと言えば、JRとの連絡通路になっている跨線橋上で立ち売りしている所から調達します。

さて、いろいろ売っています。弁当に限らずおかず類まで売っており、値段も安いです。
そこでどれかお勧めがあるか、まあ他で聞いてるとおり聞いてみたところ、

どれもお勧めですよ

と返された。確かに、恐らくご自身で作られているであろうこれら、全部お勧めだろう…。
そこで、どれが人気有るか聞いてみたところ、

どれも人気ですよ

ううむ。確かに売り切ってるんだろうから、どれも人気なんだろうな…。

そんなこんなで、結局一つ、弁当を選定し購入。これについては養老渓谷駅で食べることにする。

買った弁当を持って、こちらに乗って、いきなり終点の上総中野まで向かう。

画像

↑小湊鐵道のキハ200形。


画像

↑ちなみに側面を見るとこんな感じで、行き先表は板、旧車によくある略称3文字も確認できる。



*          *          *


< 上総中野 >

画像

↑上総中野駅 駅票


上総中野に到着です。ここでは反対側に、いすみ鉄道がやって参ります。
数分経過した所、早速やってきたので色々撮ってみる。

画像

↑左:いすみ鉄道、右:小湊鐵道。


画像

↑いすみ鉄道側の、駅票。


画像

↑いすみ鉄道のいすみ200型。


ここでふと思うのが、まずこの2線ですが、会社が違うのもあり、乗り入れとかはしてないのですが、
駅票をそれぞれ見てみると、

画像


画像


分かるでしょうか、それぞれ終点の筈ですが、次の駅が書かれており、相手の会社の駅になっています。
いつかは、臨時で列車でも走らすのでしょうか。ちなみに過去にはあったとかなかったとか?

いすみ鉄道を見終わった所で、ホームを出てみます。

画像

↑上総中野駅、駅舎。


なんか、左の竹を切った様なのが気になりますが、どうやらトイレみたいです。

さて、ここから一駅戻り、養老渓谷駅に向かうとします。

画像



*          *          *


< 養老渓谷 >

画像

↑養老渓谷駅 駅票


養老渓谷駅に到着です、といっても一駅しか乗ってませんが。
ここで次の列車を待つ間に、先程、五井で購入した弁当を食べることにします。

画像

↑養老渓谷駅 駅舎


画像

↑買ったのはこちら。あさり弁当、500円也。リーズナブルで且つスタンダード。


さて、こちらを食べた後でも、次の列車が来るまでは1時間以上空いています。
その為、駅の方から、近隣の観光スポットでも見てきたらどうか、提案される。
その際、こちらのパンフレット(印刷物)を渡される。

画像


これ、たしかWEB上にあったな。こちらを元に、軽くですが、周囲を散策してみた。
その時の写真を適当に並べてみる。

画像

↑駅前の観光案内板。


画像

↑歩いて10分ちょっと位の所に、こんなスポットも。


小一時間歩いて戻ってきたところ、同じ駅の方に、足湯に入ってみてはどうか聞かれる。
折角勧められたので入ってみることにする。偶然にも拭くものは持っていたのと、現地でも購入可能。

画像

↑養老渓谷駅内にある、足湯。


画像

↑足湯に入っていた所、丁度乗る列車が来たので、ゆっくり上がることにする。


さて、ゆっくり出来たので、ここから上総牛久に出ることにする。

画像



*          *          *


< 上総牛久 >

画像

↑上総牛久駅 駅票


数十分乗車にて、上総牛久に到着。ここから列車本数は倍増します。
小湊鐵道ですが、どうやら

五井から上総牛久までは自動閉塞式信号
(イコールでは無いが、信号機を使ったような自動式の信号システム)


上総牛久から上総中野まではスタフ閉塞式
(これから行こうとしている区間に、指定されたシンボルのタブレットを持っていないと入れない信号システム)


みたいなので、今居る上総牛久では、タブレットの受領or引渡が行われます。
閉塞方式については、Wikiなどを参照した方がいいかと。
で、その様子はこちら。



ニコニコ動画になります。見れる方はドウゾ。
ちなみに、タブレットの引渡自身は、動画の 0:30 付近に一瞬で行われています。

さて、タブレットの受領・引渡も見れたので、五井経由で帰宅の途につくことにした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小湊鐵道バス
小湊鐵道は、千葉県を中心に鉄道、路線バス、観光バス事業を展開している、京成グループに属する企業である。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2008/10/28 19:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鉄道旅行】長い長い西日本地区巡回旅行 その20(小湊鐵道往復〜帰宅)  BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる