BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道旅行】波乱の関東周回旅行 その5(仙台〜銚子・仲ノ町)

<<   作成日時 : 2008/05/03 14:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


前回に引き続き、波乱の関東周回旅行を掲載して参ります。


*          *          *


< 水戸 >

さて、水戸に到着です。
ここから鹿島臨海鉄道線に乗り換えます。

水戸駅といえば、やはりこれか。

画像

↑水戸駅の鹿島臨海鉄道線&特急電車専用ホームに設置されている売店の背面。


初見ではインパクトが結構あると思う。
ちなみに他路線ですが、他の駅にも似たような雰囲気の売店がある。

あと、貨物駅が併設されているので、こちらも。

画像

↑EF81形(電気機関車)


ここから鹿島臨海鉄道に乗って、JR鹿島線との接続駅である、鹿島神宮駅まで向かいます。
鹿島臨海鉄道線はJRでは無いので、今持っている北海道&東日本パスでは乗車出来ません。
従って鹿島臨海鉄道の区間は切符を買うわけですが、
あまり気にしないで接続駅の鹿島神宮駅まで買った所…

画像

↑水戸→鹿島神宮までの切符。


あれ、JRの初乗り分が加算されてるな。

あ、そうだ、

”鹿島神宮”〜一つ手前の”鹿島サッカースタジアム”まではJR管轄だったorz

これって、予め調べるなりちゃんと見ておかないと、案外陥りそうな事象だと思う。

鹿島臨海鉄道線(鹿島臨海鉄道大洗鹿島線)の路線上の区間は、

水戸〜鹿島サッカースタジアム

までです。では、残りの鹿島サッカースタジアム〜鹿島神宮は何なのか?
その区間はJRの路線です。

また何で一駅だけ中途半端に乗り入れ。またJR路線なのにJRの車両は基本的に走っていないそうで。
どうやら双方の接点になっている駅、鹿島サッカースタジアムの扱いにありそうです。

こちらの駅、

サッカーの試合開催日の一部などしか停まらない、臨時の駅みたいです。

接続駅がそういう扱いっていうのもまた珍しい…。

*          *          *


さて、鹿島臨海鉄道線に乗って、終点の鹿島神宮に向かいます。

画像

↑鹿島臨海鉄道6000形(気動車)。これの鹿島神宮行きに乗ります。


通して乗ってて思ったのが、
高架になっている部分が結構多く踏切がほとんど無い
全線単線ながら、かなりの高規格路線と感じました。

*          *          *


< 鹿島神宮 >

画像

↑鹿島神宮駅 駅票と、鹿島臨海鉄道車。


鹿島神宮に到着です。ここから数分の接続でJR鹿島線に乗り換えて、香取駅経由で銚子に向かいます。
数分の接続なので既にホームに電車来てるものかと思ったら不在。
それどころか、ホームから人が全員居なくなった。

あれ?何か変だぞ?

時間が来ても電車が来なかったので、とりあえず改札口まで行くと、数十人の人を発見。
さっきまで同乗していた人達だ。
ふと、掲示物を見ると…

画像


運休ですか?

これはいかん。次の香取駅でのJR乗り継ぎが間に合わない。
にせよ、ここから先に進まないと何も進まないな。
とりあえず代行バスを待ってみる。

30分程待った所、代行バス到着。

画像

↑代行バス、っていうのも初ですねえ。


こちらに乗車し、一駅先の延方駅まで向かいます。
延方駅駅前では駅員が待ちかまえており、バス降車客を取り急ぎ電車に誘導していました。

この電車に乗って、乗換駅の香取駅まで向かいました。
ここからJR成田線に乗って銚子まで向かいます。
無人駅なので一室、休憩スペースがあるだけですが、そこで待機していると、放送が流れてきた。
内容からすると…

成田線も運休ですか

いやー、まじですか。で、代行バスは

見込み無し

おおおおい。ここからどうやって移動するんだ。

そんな考えていたら10分程経過したところ、銚子行きの電車が到着。
これを逃す手はない、速攻で乗車。

乗車し、とりあえず進んではいるものの、かなりの徐行。
徐行ながら進んでいるのでまあいいか、と思っていたら、

椎柴駅で停車し運休。

代行バスの見込みは

約2時間後

いやー、あと2駅なんだけどな…。

ここで30分程停車後、やっと最徐行で出発。
トロトロ運転で何とか銚子まで到達。良かった良かった。

*          *          *


< 銚子 >

さて、色々ありましたが、銚子に到着です。
朝食以降、何も食べてません。もう夜も遅くなって参りました。
お腹空きました。早速晩飯にします。

今回は予め目を付けていた料理店に行ってみました。

画像

↑銚子さかな料理 かみち 店舗。


こちらで、銚子名産の鰯(いわし)料理、”いわしづくし”を頂く。写真は撮ってないですが、
松花堂弁当みたいな感じになっており、少量多種、楽しめるようになっていました。
やはり、ここでは鰯料理ですな。良かったです。

*          *          *


< 仲ノ町 >

画像

↑仲ノ町駅 駅票


食事後、仲ノ町へ向かいました。
もう終電も近かったですが、撮ってみました。

画像

↑仲ノ町駅に停車中の、デハ800形(電車)。


この後、銚子駅まで一駅乗車し、銚子駅での折返し、終電を撮ってみた。

画像

↑銚子駅からの出発を待つ、外川行きの終電車。


さて、旅館に向かって、明日に備えることにした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3泊4日とは豪勢な・・・w
ってか、運休とはついてなかったですね。
ハルも代行バスは乗ったことないなぁ。

まぁ、遅れたとはいえ、宿にはたどり着けたようで何よりです。

そして・・・銚電・・・w
ハル
2008/05/08 12:35
毎度お世話様です。
一瞬、運休でどうしようか思いましたが、結果的に後の予定は概ね
計画通りに進んだので、結果オーライでした。
あと、代行バスなんて狙って乗ることは難しいと思うので、
貴重な体験が出来て良かったと思います。
代行バスは慌ただしいですね。駅に到着したら速攻で乗り降りしないと
いけませんし。何せ、電車待たしてるので…。

銚子方面行ったら、銚電はデフォルトです。
また行きたいですね。
masa
2008/05/08 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鉄道旅行】波乱の関東周回旅行 その5(仙台〜銚子・仲ノ町) BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirのアマツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる